広告

朝刊MADNESS NEWS

おはようございます! KDです!

NBAも全日程が終了してオフシーズンに入りましたが、オフシーズンも盛り上がるNBA! 年中見逃してはいけませんよ!

なぜなら今の情勢が変わっていく速度が尋常じゃないので、あなたの持っている情報はすでに古いものになってます!

ですので僕がみなさんに最近の情報をできるだけ早くお届けしていきます!!
それでは見ていきましょう!!!!!!

1 アンソニーデイビス騒動終結

ADのトレード騒動がついに終わりを迎えました。
やはり大方の予想通り

via twitter @espnwoj

レイカーズに決まりました!!!!!!

View this post on Instagram

What a start to the NBA offseason 😳

A post shared by ESPN (@espn) on

via instagram @espn

詳細は上記の通りですが、両チームにとってはメリットのある取引になったでしょう。

すぐにでも勝ちたいレイカーズ
若手を育てて、将来的に優勝を狙うペリカンズ

これらの利害がようやく一致しました。
噂のあったクズマをインクルードせずに成立させたレイカーズ。
これは大きい・・・・
今年のドラフトはフォワードが多いので、現状のポジションを考えるともしかしたら指名権も不要だと感じたのでしょうね。
FAではトップターゲットはこれでガードの選手を狙うでしょう。
噂ではケンバウォーカーの獲得を狙っているそうです。

via twitter @Slnow

一方ペリカンズは各ポジションにコアとなる選手の補強に成功しました。
これは将来的なサンダーやウォリアーズになれる可能性を秘める魅力的なチームに変貌しました。

via instagram @espn

しかし、まだ勝てるチームになるには3年は要するでしょう。
レイカーズ出身の若手がいるため、連携の部分では問題ありませんが、スコアラータイプがいないのが懸念材料です。
ただ、噛み合えばプレーオフは今年中に狙えるポテンシャルを秘めたチームです!

2 来シーズンの優勝チームを予想

早くも来シーズンの優勝チームもオッズが出ました。

via Instagram @espn

レイカーズが一番人気でした。
ADを獲る前にも一番人気だったので、これは期待せざるを得ませんね!
来シーズンはウォリアーズは主力を欠いたままシーズンを迎えないといけないので、かなり混戦になりそうです。
ただ、どのチームも戦力を整えていない段階でのオッズになっているので参考なるとは思えませんが・・・・

3 カイリーは地元へ向かう?

カイリーの移籍は避けられないものになりそうです。
そしてセルティックスはADのトレードが実現しなかったので、これからテイタムの中心のチーム舵をとりそうです。

セルティックスはADのトレードにテイタムを含むのを拒否したそうです。

via twitter @Slnow

via twitter @KeithSmithNBA

地元のネッツに行くことが濃厚になりました。
しかし、レイカーズも争奪戦に参加する可能性もあるので、FA市場必見です!

via youtube

4 ラッセルの行き先はどうなる?

先ほどカイリーの移籍騒動に巻き込まれそうなのはネッツの司令塔ラッセル。
カイリーとポジションは被っており、以前は共存可能と見られていましたが、一転して移籍の方向に向くようです。

行き先はペイサーズになるのではないかと予想します。

via twitter @lanBegley

朝刊は以上になります。
朝から衝撃的なニュースが起こりすぎて混乱してます笑

今日は夕刊も更新予定なので見てくださいね!!

オフシーズンもMADNESSしていきましょう!!!!!

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください