本日のNBA

こんにちは、KSKです。
昨日はLeBronのMJ超えに感動した方もいると思いますが、昨日のニュースでプレーオフが厳しくなったLALはLeBronのプレータイムを制限すると発表しました。残念ながら8位以内に入るのは厳しいとの判断だったのでしょう。

では気をとり直して、本日の試合は2試合と少なかったのですが、上位対決ということもありエキサイトな試合でした。
OKC@POR
IND@MIL
特にサンダーとブレイザーズは第3シード争いの真っ只中なので、バチバチ試合になることを予想。
一方でバックスとペイサーズは全員バスケのペイサーズがいかにして、ヤニス起点のバックスのシューター陣を封じ込めるか。楽しみです。。。

OKC@POR
1Qから殴り合いのケンカかよってくらいの点取り合戦。リラードとRussのガードがとにかく点に絡む。Russは最近シュートタッチを取り戻し、3Pも積極的に放っていました。
後半は一転してディフェンシブな形でリラード&ヌルキッチのP&Rが冴えて一進一退。
4Qのラストプレー、、ヌルキッチとPGの小競り合いでDT(ダブルテクニカル)。
ヌルキッチ退場。。。これが痛かったブレイザーズ。延長は体力の落ちないアスレチックサンダーに屈し、サンダーが3位キープ。

ターニングポイントはやっぱ4Qラストプレーだなあ・・・
リラード51点も及ばず・・・
OKC 129
POR 121

引き続きIND@MIL
バックスは最初のプレーからどんだけスペーシングとるんだよって思った矢先にストレッチ5ロペスの3P炸裂。ヤニスのためにこんなスペースがあれば、そりゃ豪華なfinishまで持っていけるわ・・
ペイサーズもターナーを中心に前半は五分五分で食らいついていましたが、後半・・・
バックスもう一人のオールスター、ミドルトンが躍動して一気に点差を広げ、ヤニスも果敢なアタックでブロックランク1位のターナーの上から

ポストライズ!!!!!!!!!!(しかも2本)
その前のプレーでブロックかまされたヤニスのやり返しには痺れた〜・・・
そこから広大なスペースを有意義に使い続けたバックスが最終的にペイサーズを圧倒。バックス強い・・・

https://watch.global.nba.com/standings/#!?locale=en_US

順位表は以下の通りです
変動はなしです。
いよいよプレーオフに向けて佳境に入るので1試合1試合に目が離せません!
みんなで盛り上がりましょう!!!!!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください