広告

【NBA トピック】レブロン・ジェームズが持つ野望とは?

おはようございます!KDです。

今日はレギュラーシーズンMVP争いについて語っていきたいと思います。

シーズンMVP候補はレブロンかヤニス

2019−20シーズンのシーズンMVPは例年以上にはっきりとした候補者がいることがわかります。

  • ヤニス・アデトクンポ(バックス)
  • レブロン・ジェームズ(レイカーズ)

両者ともに各カンファレンスの首位を牽引する選手で、どちらかがMVPに選出されることは確実でしょう。

しかし、歴史的なシーズンを送っているヤニスが昨シーズンに続き2年連続で選出されることが濃厚でしょう。

そして、明日はレイカーズとバックスの直接対決の第2ラウンド。前回はバックスが勝利しただけにレイカーズもホームでリベンジに燃えていることでしょう。

前回の試合のハイライトは↓↓

ファイナル前哨戦と両者のMVP候補の争いに注目です。

レブロン自身はMVPに全く興味なし?

17年目のシーズンを送るレブロンは、16年のシーズンで4度のシーズンMVPを獲得しています。

しかし4度のMVPを獲得したからもうMVPに興味がなくなったという意味ではありません。

レブロンは、

それは自分にとってのモチベーションではない

と語っています。続けて

ベストな選手になること。史上最高の選手になることが自分のモチベーションになっている

と語っており、シーズンMVPになるよりも大きな野望を持っていることがわかります。

レブロン・ジェームズのインタビュー↓↓

記録よりも記憶に残る選手に

レブロン自身は確かにMVPは欲しいとも語っており、少し矛盾しているのでは?と思ったかもしれません。

しかし、彼はシーズンMVPが欲しいという意味ではなく、チーム内でのMVPが欲しいと発言していました。

世界でベストな選手になるためには、毎日の体のケア自身とチームの結果を残し続けること。

レブロンはすでにNBA史上で5本の指に入る生ける伝説です。あらゆる記録を最年少で更新し、富と名声はすでに持っています。

さらに高みを目指すレブロンが見据えるものは

世界最高の選手

全世界でレブロンの名前と彼が残した功績を知ったとき、彼は本当の意味での

「世界最高の選手」

になることができるでしょう。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください