【NBA セルティックス】ロースコアの展開を制したのは?(セルティックス – ブルズ)

こんばんは。KDです。

昨日は渡邊選手の本契約に浸かりましたが、今日はセルティックスの試合があったのでこちらのリキャップを更新したいと思います。

ボストン・セルティックス – シカゴ・ブルズ

  • アリーナ:TDガーデン@ボストン

ハイライトはこちら⏬

チーム状況

セルティックス

  1. ケンバ・ウォーカーとマーカス・スマートが試合を欠場
  2. ジェイレン・ブラウンが復帰
  3. フォーニエ、ロバート・ウィリアムズが欠場
  4. 現在6連勝中

ブルズ

  1. エースのザック・ラビーンが欠場
  2. ダニエル・タイスが移籍後、初凱旋

懸念していたスタートダッシュに成功し、主導権を握る

筆者が懸念していた立ち上がりの悪さをこの試合は改善しており、序盤から連続得点で主導権を握ります。この試合は復帰したジェイレン・ブラウンのシュートタッチが良く、彼を中心にオフェンスを回している印象でした。

https://twitter.com/celtics/status/1384293419451772931?s=20

一方のブルズはラヴィーンの欠場もあって序盤から、ニコラ・ブーチェビッチにボールを集めてセルティックスに粘り強くついていくような構図で、お互い若干静かな立ち上がりでしたが、1Qは30−24でセルティックスがリード

我慢の展開が続き、ロースコアの展開に

両チームとも攻め手に欠けて中々得点を伸ばすことができない、苦しい前半でした。そんな中で、ブルズはブーチェビッチにボールを集めポストアップを軸に得点チームのほぼ半分を稼ぎますが、セルティックスは1Qの勢いが完全になくなり失速。

特にテイタムに対するディフェンスは入念に準備されており、早い段階でのダブルチームを駆使して攻撃のバリエーションを抑えているブルズの対策が功を奏している印象でした。

ですが、ルーキーのプリチャードが苦しい時間を繋いでセルティックスが48−42の6点リードで前半を終了します。

(なんかやな予感するんだよな〜)

後半失速で今シーズンの悪いセルティックスへ

攻め手に欠けるセルティックスは、ブラウンとテイタムを自由に生かした攻撃をクリエイトすることができず我慢の展開が続きます。

一方のブルズは相変わらずブーチェビッチを中心にジワジワと追い上げ、トランジションをあげて流れを掴み終盤で逆転しました。

セルティックスは今シーズンの負けパターンが3Qの失速で相手にリードを奪われ、そのままズルズル行ってしまう・・・

6連勝中の好調のチームであることを忘れさせてしまうような展開で少し、意気消沈する筆者。

66−74で逆転されて、最終Qへ

終盤にかけて、追い上げをみせる

この試合を通じて、ショットタッチに苦しむテイタムはアシストとリバウンドでチームに貢献し、トリプルダブルを達成。

ブラウンも終盤にかけて調子を取り戻し、プルアップスリーを沈めて残り4分でようやく同点に追いつきます。しかし、今日のブーチェビッチは本当に厄介でした・・・

彼のターンアラウンドジャンパーにことごとくやられ、インサイドを完全に彼に制圧されてしまいました。

リバウンドの差は39−40とそこまで大きく変わりませんでしたが、終盤でのリバウンド争いに敗れることが多くセカンドチャンスポイントで点を失うことが多かったのです。

シュートタッチとインサイドディフェンスに苦しんだセルティックスは96−102で試合を落として、ついに連勝が6でストップしてしまったのです・・・

現地のリポートはこちら⏬

浮き彫りになる課題をプレーオフまでに解消できるのか

この試合で浮き彫りになった課題は明確です。

  1. 2大エースの得点依存
  2. インサイドに得点源を抱える選手を擁するチームの対応

今日の試合では、ジェイソン・テイタムは終始ショットが決まらず3/17の成功率でした。テイタムが好調だった最近の試合では連勝することができましたが、彼が不調だった際にジェイレン・ブラウンのサポートだけでは物足りません。

ケンバとスマートがこの試合欠場しましたが、彼らに変わる得点源は早急に必要なところであります。そのため早くフォーニエに戻ってきてもらいたいのですが・・

またインサイドディフェンスにも課題があります。トリスタン・トンプソンがリバウンドで発するしてくれるとはいえ、彼一人ではインサイドを守ことは当然厳しいでしょう。

76ERSのジョエル・エンビード、ヒートのバム・アデバヨらイーストのライバルに打ち勝つには、ロバート・ウィリアムズやグラント・ウィリアムズのステップアップが今後不可欠な要素になってきます。

この課題を乗り越えて、少しでも上へ・・・

GO! CELTICS!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください