下馬評を覆すセルティックスの強さはどこに?

こんばんわ!KDです。

最近は皆さんの調子はいかがでしょうか?風邪は引いていませんか?

年末年始も近づき、徐々に仕事も忙しくなり御用納めに向けたラストスパートにかかっている方が多いのではないでしょうか?

自分は今年は関係なく働き続けます。自分の夢の実現に向けて休んでいる時間はないので、全力で駆け抜けていきます!

さて、今日のNBAはどのような結果になったのでしょうか?

今日はハイライトが目白押しでしたね。

クラッチゲームが2試合、バックスの15連勝。

そして、我がセルティックスの勝利!さらにゴードン・ヘイワードが復帰しました。

今日の試合はキャブスを終始圧倒して完勝を収めて、成績を17勝5敗としました。

開幕前の評判としてはそこまで高くなかったセルティックスですが、今シーズンは良い意味で期待を裏切るシーズンを送っていますよね?

セルティックスが好調の理由を探ってみたいと思います。

ボストン・セルティックスが好調の要因とは?

22試合を終えてイースト2位の17勝5敗の成績を残しているセルティックスは、シーズン前の下馬評を覆すことが出来たのでしょうか?

夏のアメリカ代表の活動がチームの連携をスムーズにした

今シーズンは新たな顔を多数揃えたセルティックスは懸念として、新加入選手がフィットできるのかでした。

PGのポジションが大きく入れ替わり、新たな顔としてケンバ・ウォーカーが加わりました。彼がチームにどうフィットしていくかが注目でしたが、夏にアメリカ代表としてプレーした際に、マーカス・スマート、ジェイソン・テイタム、ジェイレン・ブラウンといったチームの核を担う複数の選手とプレーしたことによってケミストリーを形成し、チームのカルチャーを理解することが出来たケンバはW杯終了して、チームに合流してからすぐにチームにフィットしました。

さらに、今シーズンはケンバだけでなく、テイタム、ブラウン、スマートの3選手ともシーズン開幕してから自信持ってプレーできており、

テイタムはクラッチタイムで力を発揮し、

ブラウンはリーグ屈指の2WAYプレーヤーの1人として成長し、

スマートはOFの向上

代表活動で長くプレーしたことによってチームとしてのケミストリーを深めることが出来たのが好調の要因ではないでしょうか・

相変わらずの選手層の厚さを発揮

昨シーズンは層が厚すぎたのか、選手のプレータイムのシェアに苦しみ厳しいシーズンを送ることになりました。

しかし、今シーズンは主力が抜けたことによるチーム力低下の懸念を3番手であったGのワナメーカーやタイスが穴を埋める以上の活躍を披露し、さらに若手のロバート・ウィリアムズも台頭。ドラフトで獲得したグラント・ウィリアムズとカーセン・エドワーズがローテション入りしただけでなくしっかりとチームに貢献するなど、昨シーズンにあったチグハグさを今シーズンは高い総合力を発揮しています。

確かに、カイリー、ロジアー、モリス、ホーフォードらは新天地でも主力で活躍していますが、今シーズンのセルティックスは良い意味でエゴのないチームとして全員が貢献できることが最大の強みになりました。

セルティックスの伝統はDF

今シーズンのセルティックスの強さの要因はDFの復活ではないでしょうか?

セルティックスの今シーズンは得失点の差が7.9点プラスであることから攻守のバランスが整ったチームであることがわかります。

彼らには爆発力のあるオフェンス力があるわけではありませんが、守備力が非常に強固なチームであります。

対人DFに優れる選手を多数擁し、ショットブロッカーのタイム・ロードやポジショニングに優れるタイスやグラント・ウィリアムズがチームとしてのDFを機能させ、失点数ではリーグ2位(102点)の成績を誇ります。

https://www.instagram.com/p/B534lPRpQ9b/?utm_source=ig_web_copy_link

 

得点こそリーグ15位(110点)であるものの、ディフェンシブなゲームに持ち込んでいくスタイルこそ彼らの伝統です。

ホームで強い!

ホームではまだ10戦無敗の強さを誇ります。

ここは完全な個人の主観ですが、TDガーデンのファンの熱気はNBAでも屈指であると考えます。

彼らはゲームを理解しており、彼らを割れんばかりの声援を送り、アウェイチームには敵意を剥き出しにします。

特にカイリーが凱旋する予定だったネッツ戦を見ても明らかですよね?

少しやりすぎかもしれませんが、それくらい彼らの声援には力があります。そしてなによりNBAで一番優勝しているフランチャイズだからこそファンは勝利を求めて応援するのです。

この熱気を早く体験したい・・・

 

いかがでしたか?

セルティックスは今シーズンは躍進のシーズンになりそうですね!

討ちとれバックス!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください