広告

【NBA ニュース】復調!?開幕前の評価を取り戻したジャズについて語る

こんばんわ!KDです。

最近はゴーンショックやアメリカとイランの問題など国内外問わず衝撃的なニュースが多く見られていますね。

2020年はますます、だらだらしていると時代に取り残されていきそうな1年になりそうですね・・・さあ行動!!

今日のNBAの結果を見ていきましょう!

2020/01/09のNBA 結果

ハーデンが2試合連続で40点以上のトリプルダブル

ヨキッチのゲームウィナーショット

デローザンの復調

バトラーとウォーレンが荒れたヒート対ペイサーズ

そして、7連勝を記録したジャズ。

今日はようやく開幕前の下馬評通りの成績を残し始めたジャズについて語っていきたいと思います!

2020年も好調を維持し続けるジャズ

今シーズン開幕前にPGのマイク・コンリーというエリートなガードを獲得しただけでなく、昨シーズンまでの弱点であった3Pシューターの補強にも成功し、適材適所の補強で弱点を強みに変えたジャズはウェストの上位候補でした・・・

開幕から低空飛行・・・

開幕からの飛躍が期待されたジャズですが、連勝したかと思えば、連敗が続くなど、いまいちチームとして乗り切れていないところが序盤戦で目立ち、なかなか勝ち星を重ねることができませんでした。

20試合を終えて12勝8敗と期待されていた成績を残していたかというと、当初の期待からしてしまうと少々期待外れな成績に終わってしまいました。

チグハグなオフェンスとリズムを変える選手がいなかった

今シーズンのジャズの序盤の低空飛行の要因はオフェンス力が低下したことであると考えます。

昨シーズンの弱点を補ったはずの3Pの長距離砲がなかなか決まらない時間が目立ち、ドノバン・ミッチェルやコンリーの単発な攻撃に終始したことによってオフェンスのリズムを失いました。

ディフェンスこそは安定しているものの、ゴーベルが外におびき寄せられた際の対策も機能せず、開幕から安定しない試合が続きました。

さらにベンチの層の薄さも彼らの問題でした。今シーズンは昨シーズンまでスターターを務めたジョー・イングルスを6thマンとして置いて戦っていたものの、イングルス自身がベンチからの起爆剤としての活躍ができないだけでなく、得点源となる2NDユニットが不在によって試合の流れを変えられる選手がいなかったことも浮上のきっかけを掴むことができなかったのかもしれません。

もっと詳しく知りたい方はこちらの動画から!!

コンリーの怪我が原点回帰させて復調の要因に

司令塔のコンリーがハムストリングスの問題で12月20日のホークス戦から欠場が続いていますが、そこからチームは8勝1敗と大きく勝ち越しました。もちろんこれはコンリーがフィットしなかったというつもりはなく、イングルスをスターターに戻したことによって本来のジャズのスターティング5が戻ったことによってスタイルを原点に戻したという方が強いです。

ジャズのスタイルは流れるボールムーブメントからノーマークを作ることが彼らの持ち味でしたが、ついにその流れを取り戻しつつあります。

View this post on Instagram

that's 👏 Jazz 👏 basketball 👏

A post shared by Utah Jazz (@utahjazz) on

ミッチェルがPGを務めることによってボールホールドの時間こそ多いものの、決して自分勝手にならずノーマークの選手を探してパスを回すことによって彼に対するマークが後手に回ることで彼の得点力が活かされる結果となりました。

コンリーがラインナップに復帰して、これを継続できるかが今後の鍵を握りそうです。

トレードでベンチからの起爆剤を獲得

さらにジャズは年末にジョーダン・クラークソンをトレードでキャバリアーズから獲得しました。彼は試合に出たらすぐに得点できるインスタントスコアラーであるため、ベンチからの登場で流れを変えることができる存在で、まさにジャズにとってうってつけな存在でありました。

彼は移籍後もしっかり得点でチームに貢献しており、チーム6位の13.4点とすでにカンフル済みです。

View this post on Instagram

Clarkson is Clarkfun

A post shared by Utah Jazz (@utahjazz) on

また、ミドルレンジの確率が52%、3Pの確率が37%を記録するなどジャズの効率の良いバスケットにしっかり順応してると言えるでしょう。

また彼にとっても再び勝てるチームでのプレーにモチベーションが高いだけでなく、今シーズンは契約最終年でもあるので、否応に彼のモチベーションが高いのは頷けます。

1月から調子を上げるのは習慣!?

ここ3年のジャズは1月に調子を一気にあげてPO争いに参加することが習慣化されています。

2017−18シーズン

2018−19シーズン

年末には借金があったチームは1月にはほぼ完済してしまっています。ここから勢いに乗って最終的には48勝、51勝を記録しています。

まさに今、ジャズは旬なチームとして目が離せないチームなのです!!

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください