ダニーエインジはカイリーが去るのをシーズン中に予期していた?

こんばんは〜!KDです。

水曜日にはケンバウォーカーとエネスカンターが正式にセルティックになり、そして話題の巨人ルーキーのタコフォールとも契約し、来シーズンに向けた準備を着々と進めています。

中でもケンバウォーカーは夏のFWCのアメリカ代表候補にも入っており、国際経験を積んでの合流なので、非常に楽しみです。(怪我だけはしないでくれ・・・)

しかし、ケンバをまさか獲得できるとは思っていなかったので、正直なところです。

そこで、今回はケンバ加入に至るまでの昨シーズンのドタバタ狂想劇を振り返って見ましょう!

ダニーエインジ、3月か4月にはすでに名案を思いついていた!?

昨シーズンでボストンファンの間で加熱したカイリーの移籍騒動。結果的には彼がホームタウンチームであるネッツと契約を結び終結しましたが、すでにシーズン中にエインジGMは予想済みでした。

「3月、4月には名案が思いついたんだよ」

カイリーとの再契約は不確かな事項であったため、プランBはあらかじめ準備されていたようでした。

カイリーは2018年末にスペンサーディンウィディーとの会話でブルックリンに行くと匂わせる発言をしていたそうなので、

2008年以来の優勝を期待していたセルティックスファンとは裏腹にすでにカイリーはボストンから離れる決断をシーズンの終盤にしていたようです。(カイリーそりゃないよ・・・)

しかしNBAというビジネスは何が起こるかわからなもの。

今日の友は明日は敵のような表現でしょうか・・・

苦難のシーズンとなった彼らに追い打ちをかけるように、ホーフォードとの契約延長の話も折り合わず、まさかのシクサーズに移籍。

しかしその空いた潤沢な資金でケンバとカンターを獲得。

エインジの目は少なからず、未来の方に向いているようです・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください