次のステージに到達するために日本バスケを抜本的な改革を語ってみる

こんにちは!KDです!

昨日は日本とアメリカの差を目の当たりにして、悶々としてしまい、どうしたら日本のバスケが発展するのかをずっと考えていて更新できませんでした・・・(何様だ?笑)

でも僕自身は日本のバスケットを本当に変えるタイミングって今しかないと思うんです。

アジア内では強さを発揮できた日本ですが、このW杯を見ても2次ラウンドに進めたチームはありませんでした。これはアジア圏内の国にとっては非常に問題でここから改善は必須です。それも抜本的な。

日本とアメリカの根本的な差って何だろう・・・

ハングリー精神や上昇志向

欧州やアメリカではスポーツで夢を叶える選手の共通点として、圧倒的なハングリー精神上昇志向。これが一番大きな違いなのかなと感じます。

根本的な環境を変えるもの一案ではないだろうか

バスケやスポーツができるのは部活に入っていればできる、それも目標の持ち方がバラバラな日本に対して、各国の選手たちは早い段階からプロを志して、プロ目指す集団や母体に参加します。(それも親元を離れてまで。)確かにサッカーはユースチームなどがありますが、それが圧倒的に少ないのが日本です。

日本では一つの高校に集まって、そのチームが圧倒的に飛び抜けてしまい試合としての面白みが欠けてしまうところも問題点としてあげられるのではないのかなと考えました。福岡県では大濠高校や第一高校に選手が集中してしまい、全国大会では彼らに対抗できるチームがいなくなってしまったというのも現代の高校バスケでは問題点だと思います。

高校バスケはウィンターカップがブランドとして成り立っていますが、この他にも何かしらのブランディング化は必要なのではないかと感じます。アメリカやヨーロッパを例に見てみましょう

競争者同士の熾烈な争いをユース世代からどんどん高いレベルで身につけさせる

アメリカバスケでは高校のチームに所属しながら、AAUというアマチュアながらもアメリカ国内を飛び回ったり、ヨーロッパでは高校生がプロの選手としてチームに所属しています(最近ではルカドンチッチがその一例。)さらにそこでは有名大学のスカウトやプロのスカウトがかなりの量で視察してきます。

アメリカ

アメリカのAAUを経由してNCAA一部のチームから奨学金のオファーを手にして、1年大学でプレーしてからNBAに入るのが一般的です(確か来年から高卒からNBAの制度が復活する!?)

ヨーロッパ

ヨーロッパではサッカーのようにユース時代から同じチームに所属(バルサのメッシやシャビを想像してもらえればわかる・・・)して、そこからBチーム、さらにいトップチームへと昇格していきます。つまり彼らは早い段階から年上の選手(しかも屈強なプロ選手)と戦っており、その経験はAAUやNCAAで経験するよりも魅力なのではないかと感じます。

つまり彼らは早い段階ですでにプロ意識を持ってプレーしてるのです。

BリーグをNBAとユーロリーグの合体型のリーグへ

今必要なのは、経験

東京オリンピックがまず最初の試金石

東京オリンピックまであと1年切った中で今の日本からどれだけ成長できるか。これはもうひらすら場数を踏んでいかないといけません。それも各世代がです。

日本という殻に閉じこもった環境にとどまるよりも早くから海外に出るか、もしくはBリーグがユーロリーグのようにユース世代をたくさんトップチームにあげてプレーさせたり・・・

NBAのように大学生がアーリエントリー制度をもっと盛んにさせたり・・・ドラフト制を設けたりと・・・

今年のオフでは馬場選手や比江島選手がBリーグの代表としてNBAのサマーリーグに参加しました。

これをもっとたくさんの選手にチャレンジしてほしいと感じます。サマーリーグに出るのにもロースターを競わないと入れないので、NBAに入りたいという選手たちと常に本気の勝負ができる環境があります。

さらに昨シーズンにライジングゼファー福岡に所属していた津山選手が海外挑戦をすることも発表させました。

さらに下の世代を見ていくとテーブス海選手や田中力選手、渡邊ヒュウ選手など高いポテンシャルを持った選手が海を渡っています。

今後の日本の展望

アジアのトップにはここ数年でなれる!

中国・韓国の衰退

ここ最近は中国や韓国のアジアの強豪と言われていた国が徐々に停滞して行っています。ここも若手の育成に苦戦しているようです。

その分日本には若手の宝庫と言われる選手はたくさんいるからです。

おそらく次のアジア圏内で行われる2023年のW杯(実は沖縄でも開催される!!!)ではアジアチャンピオンを背負って出場しても何らおかしいことではないと思います。

そして2024年に行われるパリオリンピックでは列強にも対抗できる日本が見られる・・・

八村選手は25歳、渡邊選手は28歳、馬場選手は27歳、田中選手は31歳・・・

現在のコア選手の心技体が最高潮になるのがまさにパリオリンピックと重なるからです。

そんな世界を妄想しています。

みさなんも日本バスケに注目していきましょう!

頑張れ日本!!!!!!!!!!!!!!!!!!

JAPANMADNESS!!!!!!!!!!!!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください