広告

【NBA ニュース】キャリアハイを更新し続けるジェイソン・テイタム

こんばんは!KDです。

3連休の折り返しになりましたが、みなさんはいかがお過ごしですか??

2020年最初の連休なので、どう過ごすかが大事だと思います。新年のスタートダッシュに失敗した人もここで挽回していきましょう!

さて、今日のNBAです!!!

2020/01/12 NBA 結果

View this post on Instagram

Saturday’s seven-game recap!

A post shared by #NBATogether (@nba) on

各試合でハイスコアリングゲームが展開される

今日の試合は各地で高得点ゲームがみられ、速い試合展開が多くみられました。

守備に定評があるセルティックスも今日の試合で140点も記録していることから近年のNBAの風潮がより顕著になったのではないかと感じています。

若手が躍動し、チームに勢いを与える

セルティックスのジェイソン・テイタムがキャリアハイの41点を記録し、今シーズンチーム最多得点を牽引したり。

レイカーズのカイル・クズマが2大エースのレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスを欠くなか、今シーズン最多の36点記録。

キャブスのダリウス・ガーランドがルーキーながらチームの司令塔として引っ張り、好調ナゲッツから金星を上げるなど・・・

多くの若手が躍動したチームが今日の試合で白星をあげることができました。

その中で今日の試合で最もインパクトが強かったジェイソン・テイタムについて語りたいと思います!

ジェイソン・テイタムがキャリアハイの得点をマーク

今日の試合でセルティックスに所属している3年目のライジングスターのジェイソン・テイタムがキャリア最高の41点をマークしてチームを牽引する活躍を見せました。

中外問わず積極的にゴールへアタックした結果、多くの得点に絡んだだけでなく高確率でのショットを沈めることができたのが活躍の要因ではないでしょうか?

テイタムの冷静沈着なプレーは特筆すべきものがある

テイタムは今シーズンで22歳になる若者です。ですが、彼のプレーを見る限り本当に3年目の選手かと思ってしまうくらい常に落ち着きを払ったプレーを披露しています。

特に彼は勝負所での得点感覚が非常に素晴らしく、チームのプレッシャーを背負うことができる22歳なのです。

今シーズンは多くの勝負所での得点を記録して現在セルティックスの26勝11敗でイースト3位という好成績に大きく貢献しています。

しかし、彼は19歳の頃から若い選手とは思えないくらい多くのスキルを兼ね備えており得点パターンが非常に多い選手でありました。

ルーキーながらPOでは主力が欠く中、苦しい戦いが予想されたセルティックスをエースの1人としてスコアリングの役割を担い、カンファレンスファイナルまでチームを導きNBAファイナルまであと一歩というとこまでチームを牽引しました。

彼は将来、ルーキーの頃からスーパースターになる可能性を秘めていたです。

昨シーズンは自身の役割に苦しみ、若干伸び悩む

昨シーズンのセルティックスは優勝候補として大きな期待を寄せられていました。POで主力をかきながらもNBAファイナルまであと1勝というところまで迫ったからです。

選手の故障が癒えてフルの戦力で挑めることから層の厚いチームとして、イーストの雄として期待されていました。

もちろんテイタムも更なる飛躍が期待されたシーズンでもありました。

しかし、蓋を開けて見ると彼らは期待外れに終わっただけでなくチームとして機能せずカンファレンスセミファイナルで敗退しテイタム自身もスタッツを伸ばすことができず苦しいシーズンを送りました。

得点、アシスト、リバウンドこそルーキーシーズンよりも上昇しましたが、得点成功率の低下したことによって期待されていたスタッツを残すことができず消化不良となったシーズンとなりました。

昨シーズンのセルティックスは個人技を主体としたボールを多く持つことによってリズムを掴む選手が多く在籍していたことからもテイタム自身も同様のスタイルであったこと。それによって彼の得点する機会が減ったのではなく、自身のリズムを確率できなかったこと、チームとしてのテイタムの役割を確立できなかったことによってシュート成功率も低下してしまったのではないでしょうか?

今シーズンは得点源としてチームを牽引

今シーズンは主力の移籍も伴って、テイタムの役割もより重要な位置付けとなりました。得点源の1人としてチームを引っ張っていくことが求められました。

それによって今シーズンはスタッツを上昇させただけでなく、昨シーズンよりもシュートに試投数が5本以上増えるなど、確実にチームとして重要な役割を担っています。

View this post on Instagram

Is Jayson Tatum an All-Star this year? 🤔

A post shared by NBA on TNT (@nbaontnt) on

シュート成功率が上昇しないことが彼の課題ですが、先月末に39点を上げてキャリアハイを更新したわずか2週間でさらに更新することにつながったのではないでしょうか?

いよいよオールスターに選出か!?

個人的に期待しているのは彼のオールスターゲームの選出です。

彼自身も今シーズンはそれに相応しいプレーをしていることは間違いないと思います。スタートでの選出を希望していますが、これはファン投票の兼ね合いもあるのでなかなか予測できないところ・・・

しかし、セルティックスの今シーズンの成績と彼の活躍を考えると選出は既定路線ではないかと考えます。

いよいよ彼の姿をオールスターゲームという最高の舞台で見ることができるのかもしれません。

 

 

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください