広告

【NBA トピック】レイカーズが欲するラストピースは誰になる?

こんにちは!KDです。

いよいよ今日でバイアウトマーケットも終了し、POに向けた各チームの最後のスパートの段階に入ってきましたね。

さて、今日はロサンゼルス・レイカーズが獲得しようとしている最後のピースは誰になるのかを考えてみました。

レイカーズが最後のピースとして欲する選手は?

先日レイカーズはセンターのデマーカス・カズンズ(左膝前十字靭帯断裂で欠場中)をウェイブして、ピストンズからバイアウトされたマーキフ・モリスを獲得しました。

さらに、一昨日にシューターのトロイ・ダニエルズをウェイブして最後の選手の枠を空けて最終調整に入りました。

一体レイカーズは誰を最後の補強として獲得するのでしょうか?

レイカーズのターゲット

  • 得点力のある選手
  • スペースを広げることができるシュート力のある選手
  • プレイメイキングができるガード

 

ディオン・ウェイターズ

  • 得点力
  • スペースを広げられるシュート力

現在の最有力な情報で、ウェイターズが最後の一つの枠でレイカーズに加入するのではないかと噂されています。

すでに月曜日にレイカーズとワークアウトを行なっており、さらにウェイターズの代理人はリッチ・ポールであることから、

レブロン・ジェームズとアンソニーデイビスとの繋がりの強い選手であることは、彼にとってレイカーズ加入の大きな要素になってきそうです。

レイカーズはベンチからの得点スペースを広げることができるウェイターズの存在は大きなプラスになるでしょう。

しかし、ウェイターズは素行の問題を抱えておりシーズン前には度重なる出場停止処分を受けているため、レイカーズの良いケミストリーを崩しかねない懸念があります。

もし、彼が問題行動をせずにチームに献身的なプレーを見せることができればレイカーズは彼の獲得に全力を注ぐでしょう。

JR・スミス

  • 得点力
  • スペースを広げられるシュート力

スミスもウェイターズ同様ベンチから出てきてすぐに得点をあげることができて、広いシュートレンジを持った選手です。

今週レイカーズとのワークアウトを実施予定ということで、ウェイターズとともに獲得候補であることは間違い無いでしょう。

さらに彼はプレイメーカーではありませんが、ボールハンドリングに秀でている選手であるため選手としては非常に良い選手であることは間違い無いでしょう。

しかし、彼は1年以上NBAでプレーしていないというブランクをどう解消するかが懸念であります。

この大事なプレーオフの時期に安定した活躍ができるかは疑問です。

マイケル・ジョーダンも1年半ぶりにNBAに復帰した際にはブランクの影響でPOでは思った活躍をすることができませんでした。

それは現在JRと同様にFAにいるジャマール・クロフォードも同じようなことが言えるでしょう。

タイラー・ジョンソン

  • ゲームメイク力
  • スペースを広げるシュート力

ジョンソンはサンズに所属していた際にベンチから得点を上げられる選手として貢献していました。

さらに彼がガードのポジションとしてプレーメイキングを任せることのできる選手で、外からのショットに定評のある選手です.

3Pもキャリアで35%のアベレージを残すなど、シュート力のある選手としても定評があります。

ウェイターズやスミスと比べてネームバリューが劣りますが、この2選手よりも堅実な仕事こなすことのできる選手であるでしょう。

しかし、彼は経験が不足しておりプレーオフの際に本来の力を発揮できるかは未知数であります。

そのため、より大胆にプレーできる上記2選手の方がプレーオフを戦うチームの大きな戦力になってくれるので無いかと考えます。

可能性が最も有力なのはウェイターズか・・・

候補の3選手を考えた時にどの選手にも懸念がありますが、やはりウェイターズの獲得は有力では無いでしょうか?

レイカーズに必要なベンチスコア、レブロンとADのスペースを広げてくれる得点力に大胆不敵なプレー。

彼はプレーメイカーではありませんが、少なからずレイカーズに貢献してくれる選手になることは可能でしょう。

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください