広告

【NBA ニュース】ルイヴィトンと提携!世界的ブランドの確立を目指すNBA

おはようございます!KDです。

昨日、大学の同級生からある記事をシェアさせてもらいました。その内容に驚きを隠せなかったとともに、ついにコラボレーションが実現したと考えると最強のタッグに思えます。

今日のトピックはNBAとルイヴィトンが提携を結んだという記事にフォーカスしてみたいと思います。

ルイヴィトンがNBAとのパートナーシップを発表

先日発表された記事で、世界的ファッションブランドのルイヴィトンがNBAとのパートナーシップを結ぶことが明らかになりました。

現地の1月22日にパリの旗艦店でパーティーを開催

この提携を最大限に祝うためにパリのモンティーニュ通りにある旗艦店にて、カクテルパーティーを実施するようです。

右がモンティーニュ通りにある旗艦店です。オーラがありすぎて、少し立ち寄りがたいストアですね・・・

ここでパーティーが開催されるということで多くの著名人やもしかしたらファッション好きのプレーヤー(ウェイドとか!?)が姿を現すかもしれませんね。

過去にラッセル・ウェストブルックもLVとコラボしていた!?

現在、ヒューストンロケッツに所属するスーパースターのラッセル・ウェストブルックが2018年の春夏メンズファッションショーに招待されていたことからもNBAとLVとの関係は徐々に築かれていたものだと考えます。(実際にファッションショーには出演していません。)

元々ウェストブルック自身もファッションに対する深いこだわりを持っており、NBAでも随一のファッションキングとして知られています。

このGQのドキュメンタリーにも彼のLVの出演とファッションに対するこだわりにも触れている動画です。

1月24日にパリで史上初となるレギュラーシーズンを開催

この提携の背景には今月24日に行われるパリでの試合も絡んでいるのではないでしょうか?

意外にもパリでNBAのレギュラーシーズンが行われることが初めてであり、アコーズホテルアリーナで開催されることになりました。

この試合で現在リーグ首位を走るミルウォーキー・バックスとNBAで唯一ジョーダンブランドのユニフォームを採用しているシャーロット・ホーネッツが来仏することが決まっています。

バックスはヤニス・アデトクンポというヨーロピアンスター、ホーネッツはフランス出身のニコラス・バトゥームが在籍しているだけでなく、ジョーダンブランドはパリの人気サッカーチームのパリ・サンジェルマンとウェアの提携を結んでいることからも、個人的にはジョーダンブランド絡みのものがあるのかな〜と推察します。

しかし、フランスはバスケットも強豪国として認知されており2019年のW杯では準優勝という成績を残しており、現在もNBAに9選手が在籍するタレント集団となりました。

それによって人気スポーツとして認知されるようになり、今回のパリゲームが実現したものだと考えます。

グローバルブランド同士の相乗効果にも期待

NBA選手は近年コンクリートカーペットと評されるほど、試合前の私服姿に注目が集まるほどおしゃれな選手が多くいます。

さらに彼らは高身長でスタイリッシュな選手が多いため、モデル体型なプレーヤーがたくさんいることも特徴ではないでしょうか?

View this post on Instagram

blue world 💙

A post shared by LeagueFits (@leaguefits) on

以前NBA選手のファッションについての記事も投稿したので、こちらからみてください!↓↓

https://nba-madness.com/fashion

そんな彼らがパリで行われる試合でLVのスーツやカジュアルな服を着こなす姿を想像するだけでもカッコよさが100倍上がりますね・・・

あと1週間に迫ったパリゲーム2020!コート内外からでも見逃すことができない体験になりそうです。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください