広告

自分の想いとこれからのNBA MADNESSの更新の内容について

こんにちは!KDです!

NBA開幕から2週間ほど経ちましたね。早くもサプライズチームや順当なチーム、期待外れなチームが出てきたと思います。

その中でも我がセルティックスは順当に勝ち星を重ねて、現在7連勝!!!!

強豪のスパーズをアウェイで撃破してより勢いに乗ることができるでしょう!

しかし、今シーズンに復活の気配を見せていたヘイワードが負傷・・・手首の骨折で離脱が確定しました・・・

好調なシーズンかつ復活のシーズンであっただけに非常に痛い・・・

それでもセルティックスは今シーズンも層が厚いチームでチームファーストな選手が多いので、全員がヘイワードの穴を埋めてくれると信じています!

さて、今日は久しぶりに更新した理由がいくつかあります。

ブログの更新の内容に関して色々悩んでいました。

結果やリキャップを更新したところで、自分の記事をみるよりも、もっといい記事があるし、NBA JAPANの公式サイトを見ればある程度のことは記事でみることができます。さらにハイライトもYouTubeでみることができるので、サマリー記事を更新をするのを少し減らしていきたいと思います。

これからは自分の夢(目標)に絡めていった記事をNBAやバスケットを題材にして更新していこうと思います。

自分の夢であり、目標としているもの

自分は、現在社会人として働いている傍ら、BBT大学という完全オンラインで学位が取得できる通信制の大学に通っています。

ここの大学で経営学やリーダーシップを養い、将来のリーダーを養成しグローバルな人材を創っていく場所です。

では、なぜ自分が社会人をしながら大学に通うのでしょうか?

スポーツアカデミーを設立するため

自分は近い将来にスポーツアカデミーを設立するという目標があります。

なぜアカデミーなのか?

経済的、家庭的、環境的要因で自分のやりたいことに対して、そのような要因でできない人に対して、夢や目標を見つけて実現のための助けがしたいと感じたためです。

また、大人になった時に自分の夢ややりがいに対して、大きな目的を無くしてしまう。そういった人たちを無くして、もっと自分の人生を豊かに表現する環境を創っていきたいと思って今後5年以内での設立を目指していきたいと考えています。

人はすでに作られたレールに乗って、そのまま自分のありのままを表現できないままストレスを溜めたまま人生を送ってしまう中でどうして、自分のやりたいことに対して全力投球できないのかを疑問に感じていました。

自分の現実が見えてしまい、方向転換を強いられる。夢が大きなものから現実思考に変わってしまう。

そんな今の時代に対して、自分を開放的に壮大な夢を掲げて表現する場所を創りたい。

元々自分はプレイヤーになりたかった・・・

自分自身の小さい頃の将来の夢はNBA選手でした。しかし、様々な要因によって夢で終わってしまいました。それは圧倒的な挫折でした。しかし、それを自分以外の人に経験して欲しくない。さらに将来有望な子供たちにそのような想いをして欲しくない。

そのために、選手としては自分がバスケットすることによって楽しさを表現してチームメイトや見ている人たちに伝わればと想い現役を続けていましたが、昨年の春に仕事での転勤に伴い選手としての活動を退くことを決意しました。

もっと表現者として、若い世代をサポートできる環境を創っていきたいと感じ、BBT大学の入学を決意して社会人学生として、将来の自分の夢を実現するために突き抜けていこうと・・・

そして、自分の新たな目標であるアカデミー設立に向けて、もっと具体化していきたい。想いを形にしていきたいと思っています。

これからのブログの更新内容

これからのコンテンツとして、NBAやバスケットに関する更新はもちろんしていきますが、華やかな選手の裏の顔(怪しい方ではありませんよ!笑)を記事にしていきたいと思います。

NBA CARESによる社会貢献活動

アリーナーなどの心温まる動画

夢に向かって圧倒的に努力している選手の姿

これらをメインにお届けしていこうと思っています。

このブログを通じて、自分自身の目標や夢の支えになってくれると幸いです。

自分も皆さんに情熱や熱狂をお届けできるようにエネルギッシュな記事を投稿して、皆さんと熱狂していきたと思います。

これからもよろしくお願いします!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

NBA MADNESS

運営者 KD

 

 

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください