広告

八村塁がNBAデビュー! 彼の活躍はいかに!? その他の試合も振り返る!

こんばんは!KDです!

立て続けに更新します!今日の試合はなんと11ゲーム・・・みたい試合が多すぎますが、これ全部みたら夜が開けるどころか一日かかっても見切れない・・・とりあえず各チームハイライトは全部見たので、それを見て面白かった試合をピックアップして記事にしたいと思います!よろしくお願いします!

そして今日はなんといっても!!!!!

八村塁のNBAデビュー戦!!!!!

彼の活躍を中心にしながら更新していきます!

10月24日結果

今日は11試合が行われましたが、各チームハイライトプレーの応酬でした・・・

結果はこちら!

今日は個人技がフォーカスされた試合が多かったように思います。カイリー の50点試合。ドラモンドのモンスターゲーム、リラードのスピンムーブからの豪快ダンク、DJJのポストライズ、ミッチェルの爆撃ダンク、ドンチッチのオールスタープレーなど、個人をフォーカスしたらキリがないくらい目白押しの試合だったので、八村選手のデビュー戦と我がセルティックスのゲームについてフォーカスしていきたいと思います。

ダラス・マーベリックスーワシントン・ウィザーズ

ついにこの日がやってきました・・・八村塁が日本人で初となるNBAスターターでデビュー。今までは日本人がNBAでスターターを張って試合に出るなんて想像できませんでした。そんな中彼は堂々のスタメンとしてNBAデビュー。

いやあ・・・感慨深くて、今日仕事休みだったらLIVEで見たのにな・・・本当に残念。マブスは馬場選手は直前でGリーグでプレーすることが決まったので日本人対決とはなりませんでしたが、マブスはルカ・ドンチッチとクリスプタス・ポルジンギスというインターナショナルデュオを擁するチームなので、非常に楽しみな一戦でした。

今日の八村選手は・・・

14点!! 10リバウンド!! ダブルダブル!!!!

個人成績ではルーキーとして最高のスタッツを残したと思います。八村塁・・・完全にワールドクラスの選手じゃないか・・・本当にすごいよ・・・

https://twitter.com/WashWizards/status/1187208474284843009?s=20

 

スタッツも上記の通りで3Pは決められなかったものの、チーム主軸としてしっかり役割を果たしたと思いますが改善点として、シュート成功率の向上が今後のポイントになりそうだなと感じました。

しかし、試合はドンチッチとポルジンギスが期待通り、いや、それを上回る大活躍でウィザーズを蹴散らしました。ドンチッチに至っては2年目のジンクスなど全く関係ないかのようなプレーで完全にチームのエースとして勝利に貢献。歳の近い八村選手にとってはかなり刺激的になった試合ではないでしょうか??

さらに34点というハイパフォーマンスな試合を披露し、地元ファンからはMVPチャットも飛び出すなどすでにチームのアイドル的存在となってしまいましたね。

そしてポルジンギスも1年半ぶりの復帰とは思えないプレーを披露して、23点を記録。

外からの攻撃が目立ったものの、それがユニコーンのプレースタイル。ポストムーブがさらに増えればマブスは本当に怖いチームになりそうです。八村との直接マッチアップの機会は多くはなかったものの、彼から学べるプレーは多くあるので、八村にとっては非常に経験になった試合ではないでしょうか?

ウィザーズもビールが退場したのがデカかった。試合はマブスに終始主導権を握られましたが、終盤には一桁までつめた時にビールがいなかったことで、点差を詰めることができませんでした。今後はビールに次ぐ得点源を誰が担うかが鍵ですね!!

がんばれ!八村塁!!!!

フィラデルフィア・76ERSーボストン・セルティックス

いよいよ自分の愛するセルティックスの開幕戦です。ケンバとカンターを加えた布陣にテイタム、ブラウンの若手ホープに復活を期するヘイワードがスタートに。

View this post on Instagram

GAME TIME in Philly! #KiaTipOff19

A post shared by NBA (@nba) on

非常に前半は拮抗した試合になりましたが、後半はシクサーズのペースに・・・

やはり、ホーフォードを取られたのが非常に痛かった・・・彼の重要さがいかに大事だったかを物語る試合になりました。エンビードがめちゃくちゃ快適そうにプレーしていましたね。さらにスペーシングを広げることができたことによって、シモンズのアタックやハリスのコーナーからの仕掛けがスムーズに遂行されていました。各人の得意なプレーがしっかりできたシクサーズに対して、セルティックスはヘイワードが25点をあげたものの、チームとして少しチグハグな形で試合を終えてしまった印象を受けました。

 

ブラウンはファウルトラブルに悩まされ、ケンバもなかなか見せ場を作ることができませんでした。堅実なプレーヤーが多い中でいかにしてインパクトを残すことができるかが今後のシーズンを進める上で重要なファクターではないでしょうか?

インパクトといえば・・・

あの男がやってくれました。

カイリー ・アービングが地元で躍動

元ボストンのカイリー が地元のブルックリンでのデビュー戦。まさに衝撃的な試合になりました。

恐ろしすぎるデビュー戦。この試合一番のインパクトを残したのは彼で異論はないはずです。PGながらミスが一つもなく、かつこのハイパフォーマンスなプレーはみる人を本当に楽しませてくれました!

もし、逆転をかけたラストショットが決まっていたら、開幕戦にして伝説的なシーンが生まれたことだったと思います。そこだけは残念。カイリー の活躍とは裏腹にチームは破れてしましましたが、KDがアキレス腱の怪我が癒えるまではカイリーの超人的な活躍がたくさん見ることができそうです!

さあ明日のNBAは?

明日はロケッツーバックスのMVP対決

https://twitter.com/NBAJPN/status/1187322845543780353?s=20

ウォリアーズークリッパーズのベストオブカリフォルニア対決

ホークスーピストンズのアウトサイドVSインサイド対決

この3本立てでお届けするようです。明日も見逃せませんよ!

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください