今大会のアメリカは一味違う!? 徐々に噛み合う歯車に今後注目!

こんにちは!KDです!

日本のワールドカップが昨日で終わってしまいましたね・・・

それにしても渡邊選手の鬼神のごとくのあの活躍・・・・。今大会では自分の不甲斐ないプレーにずっと責任感を感じていたようですが、最終試合で吹っ切れましたね!

どれでも日本が勝ちきれないのはまだまだ成長の余地しかないということ。サッカー日本代表がブラジルW杯で惨敗した時も史上最強の日本と謳われながらも結果を残すことができず、悔しい思いをして、次のロシアW杯では躍進しましたよね!?

屈辱や恥、悔しさは感じれば感じるほど、最初は惨めな思いになってしまいますが、圧倒的に努力する量も必然と増えてくると思います。もうあんな思いを二度とするか!!ってね。

コービーだってルーキー時代にPOで4連続エアーボールをしてチームが負ける悔しさも経験しました。

あの悔しさから、這い上がって偉大なコービーブライアントに慣れたわけですから、日本の選手だって絶対できる!頑張れ!!!日本!!!

 

さて、日本と戦ったアメリカ代表ですが、尻上がりに調子をあげてきています。

MVPのヤニス率いるギリシャ相手に53点に抑えるDF、そして昨日のブラジル戦でも守備から後半流れを引き寄せて4Qに突き放すことで、勝利を掴みました。

そして次からはノックアウト形式のトーナメント戦です。初戦は強豪フランス。さらにそこに勝利すれば、セルビア。決勝はスペインかオーストラリアだと予想します。

https://twitter.com/FIBAWC/status/1171078754023682049?s=20

では今大会でのアメリカ代表と今までのアメリカ代表の違いはなんだったのでしょうか?

アメリカ代表の今までの特徴

圧倒的な「個」の力で相手を圧倒していました。

2014年大会ではカイリーが爆発

2010年大会ではケビンデュラントが無双するなど

1人の力で試合を決めてしまう選手がいたため、観ている側からすれば非常にファンタスティックな試合になったと思います。

今大会のアメリカ代表は

それに比べて今大会のアメリカは個で圧倒できる選手は過去の大会ほど存在していないのが現状です。ケンバウォーカーはその1人ではあるかもしれませんが、彼はフロアバランスを非常に大切にしており、ゲームメイクを中心にしながら得点を奪うスタイルをとっています。トルコ戦のように追い込まれた時にゴートゥーガイの役割も引き受けられる存在なので、非常に頼もしい存在ではありますが、そうする理由もないこともあるのです。

 

全員がヒーローになれる選手が揃っている

ギリシャ戦ではスマートがヤニスを徹底マークして、15点に抑えたことでギリシャの攻撃をスローダウンに貢献しました。

さらにこの試合ではハリソンバーンズが攻撃の部分で得点を重ねて勝利に貢献しています。

そして昨日のブラジル戦では、センターのターナーがインサイドでしっかり役割をこなしてチーム最多の16点。ジェイレンブラウンもテイタムの怪我を境にプレータイムを伸ばして、攻守共にエネルギッシュな活躍をしました。

徹底したディフェンスをして相手の攻撃をシャットアウト

今大会でのアメリカの特徴は何と言っても守備です。

デリックホワイト、スマート、ブラウンが一緒に出ている時間は驚異です。

センターコートから相手にプレッシャーをかけて相手にボールを運ばせない守備には本当に恐ろしいです。

日本戦でも観たと思いますが、あのDFは他の国も相当苦戦しているので、日本がこれを克服できれば、世界との壁を破れるのではないでしょうか?

前回の代表と比べてオフェンス力がどうしても劣ってしまいます。

しかし、DFにおいては過去最高クラスではないでしょうか?

ついに負けたら終わりのゲームに挑むアメリカの注目ポイントは?

ついにベスト8が出揃うかたちとなった中で、驚きはギリシャが敗退したことです。優勝候補に挙げられながらも16強で幕を閉じてしまう中で、やはりオフェンスの停滞が痛かったと思います。

その中で順当に勝ち上がってきたチームでも最も面白い組み合わせはやはりアメリカとフランスの一戦でしょう。

フランスもNBA選手が多数要する中で、ゴーベルを中心とする守備、各選手が満遍なく攻撃に絡んでくるチームです。

特に大型センターを要するチームに苦戦したアメリカにとってはフランスとの一戦は試練の一つになるでしょう。

キープレイヤーとして、ブルック・ロペスをあげます。

彼はストレッチビックマンとして今大会選出されていますが、いまいち自分のシュート力を今大会生かし切れていません。 控えからの出場とはいえ、いかにしてゴーベルを外におびき寄せられるかが非常に鍵を握りそうです。

守備が非常に安定してきたアメリカにとって、そこからの速攻がマストになるので、リバウンドも重要なファクターでしょう。スモールラインナップを敷くアメリカの布陣にとってはこの試合では至上命題な課題になりそうです。

https://twitter.com/usabasketball/status/1171038889361829891?s=20

みなさんはベスト8の試合はどこに注目しますか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください