広告

【試合結果】 今日のNBAの試合を振り返ると欧州出身選手が活躍!

こんばんは!KDです.

仕事や勉強が再び再開していると思いますが、いかがですが?

正月はどのように過ごされましたか?日頃の疲れを癒したり、色々なところへ旅行したり・・・様々な楽しみ方があると思います。

自分は青春18切符で旅をしながらもたくさんの人との交流をしてきました。その中で感じたことは、誰かと関わることで自分の中での新しい発見でできるということ。

本当に旅はいいものだと思います。日本でも最近は海外の方も増えていきており、自然と国内にいながらも英語を喋る機会はいくらでもあります。留学や海外にでないと英語が喋れないというのは、幻想であったと改めて感じました。自分で調査して、まずは行動すること。そこで自分の新たな視野を広げることができるんだと感じます。

前置きはここまでとして・・・

今日のNBAを振り返って見ましょう!

2020/01/07 NBA試合結果

View this post on Instagram

Nine games to tip off Week 12!

A post shared by #NBATogether (@nba) on

今日の試合はヨキッチとドンチッチが目立つゲームになりましたね。

ニコラ・ヨキッチがキャリアハイの47点

ナゲッツは敵地でホークス戦に挑みました。現在最下位となかなか調子が上がらないホークスに対してヨキッチが序盤から攻守に渡って活躍しました。

前半から飛ばしたヨキッチは27点を記録します。

後半もヨキッチを止めることができず、ポストプレーから、ミドルシュート、アウトサイドを効率よく得点しただけでなく、チームの起点として8リバウンド、5アシストを記録するオールラウンドな活躍でチームを勝利に導きました。

ヨキッチはこの試合でキャリアハイの47点を記録しました。

自分はオールスターゲームのスターターにヨキッチがふさわしいと言いましたが、まさに今日はその通りの結果になりましたね!!!

なかなか泥沼から抜け出すことができないホークス

リーグ最下位に位置するホークスはここ最近は泥沼から抜け出すことができていません。

オフェンスこそトレイ・ヤングを中心としたオフェンスと若手の勢いでエキサイティングなプレーを見せているものの、守備に問題を抱えるホークスは得失点差が−9.8点と約10点差をつけられて負けている計算になってしまっています。

守備に難があることによってここ10試合で2勝8敗と完全に波に乗ることができていません。この守備が改善されない限り、ホークスに浮上できる要素は少ないように伺えます・・・

ルカ・ドンチッチが10回目のトリプルダブル

ドンチッチがもう止まりません!!!

今日のブルズとの試合で38点、11リバウンド、10アシストと記録して現在リーグではトップの10回目のトリプルダブルを記録しました。これはもちろん史上最速での記録で当時のレブロンですら20歳で5回のトリプルダブルを記録していたという記録を踏まえれば、このドンチッチの今シーズンの活躍は本当に目を見張るものがあります。

View this post on Instagram

Luka is still only 20 years old 🤯

A post shared by NBA on ESPN (@nbaonespn) on

彼は現在のオールスターのファン投票ではレブロンを抑えてウエストでは1位を走っている状態です。この調子で行けば、史上最年少でキャプテン選出も夢では無いでしょう。

欧州出身選手の活躍が目立った今日の試合

ヨキッチやドンチッチの活躍によって海外からのファンもNBAを注目する機会が増えてきたように思えます。

もちろん日本も八村塁効果で関心が徐々に高まってきている状況であります。(残念ながら彼は現在

怪我のため戦線離脱・・・)

もうNBAはアメリカ人だけのリーグでは無いことが、証明されており世界中の優秀なプレーヤーのみがこの舞台に足を踏み入れることができるさらに狭い門になりつつあります。

しかし、間違いなく昔よりも面白さがましたNBA!今からNBAを見たいと思う方は全然遅くはありません。むしろこれからNBAを見ようとしれいる方が多いはずです。

もっと一緒に繋がっていきましょう!!!!

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください