【NBA ステフィンカリー】今最も止められない男、ステフィン・カリーが残した4つのありえない記録

こんばんは。KDです.

ここ数日は日本スポーツ界にとってポジティブなニュースが多く、活気付けられているのではないでしょうか。

NBAを見ても、人気チームであるニューヨーク・ニックスの復活が大きくクローズアップされています。現在ニックスは8連勝を記録して、イースタンカンファレンス4位につけるなどNBAで今一番乗っているチームなのではないでしょうか。

個人で見ても、ステフィン・カリー(ゴールデンステート・ウォリアーズ)の勢いが止まりません。圧倒的なシュート力を武器に得点を量産しているカリーはどこまで記録を伸ばしてくれるのでしょうか。

ステフィン・カリーを見逃すな!

昨シーズンは怪我の影響もあり、復活を期したシーズンでした。しかし、パートナーのクレイ・トンプソンが再び大怪我を負って今季絶望が決まりました。

シーズン序盤こそシュートタッチに苦しみましたが、尻上がりに調子をあげてキャリアハイの60点ゲームも記録しました。

そして、4月に入るとカリーは誰にも止められなくなり様々な記録を打ち立てました。

記録1:33歳以上で一月の得点で40点以上を5試合記録した唯一の選手

4月だけでも1試合平均40点を超えたカリーは気づけば得点ランキングも首位に・・・。なんと今日は得点王争いをしているブラッドリー・ビール率いるワシントン・ウィザーズを対戦するため、カリーとビールの得点争いは注目です。
(今日の試合は18点とブレーキでしたね・・・)

しかし、今日の試合で通算得点18,000点を達成しました。

https://twitter.com/warriors/status/1385033013826891776?s=20

また、33歳以上でこの記録を残しているのは、コービー・ブライアントとマイケル・ジョーダンのみ。ベテランの域にいながらも爆発力のあるスコアリングスキルは全く衰えません。

記録2:伝説の巨人を超えて、ウォリアーズの通算得点で首位になる

カリーは4月12日のナゲッツ戦であの「1試合100点」を記録したウィルト・チェンバレンが持つウォリアーズのフランチャイズ得点記録を塗り替えて、ついにトップになりました。

https://twitter.com/warriors/status/1381797887772819459?s=20

チェンバレンは1960年代に在籍したまさに「伝説」の存在。

50年近くも更新されていなかった記録をカリーが抜いたことで、大きな話題になりましたね!
(しかもナゲッツ戦では53点を記録。。。。)

ウォリアーズの歴代得点ランキングはこちらから⏬

選手 在籍期間 球団通算得点
ステフィン・カリー 2009年~現在 17,818
ウィルト・チェンバレン 1959~1965年 17,783
リック・バリー 1965~1967、1972~1978年 16,447
ポール・アリジン 1950~1952、1954~1962年 16,266
クリス・マリン 1985~1997年 16,235

いや、それにしても6年しか在籍してないのにずっと歴代1位をキープしていたチェンバレンはどんだけ怪物だったんだよ・・・

記録3:11試合連続で30点以上を記録

これは40点以上を一月で5回記録した33歳以上で唯一の選手に繋がりますが、今日のウィザーズ戦まで11試合連続で30点以上を記録した唯一の選手でもあります。

これもコービーを超える記録であり、今のカリーの凄さを物語っています。

記録4:10日間で3P成功数10本以上が4試合

最近の10日でのカリーの3P成功数がなんと48本(6試合)!!

1試合に3Pを8本平均で記録するなど、まさにアンストッパブルです。。

キャリアを通じて1試合で10本の3Pを成功している選手が稀なだけに、10日間で4回記録しているカリーの化け物ぶりをまざまざを見せつけられた月でした。

10試合で72本沈めており、その成功率は50%・・・(初めて見た)

そのヤバさを語る上で、このハイライトをご覧ください⏬

ウォリアーズをプレーオフに導くことでさらに価値をあげることができる

ウォリアーズはこれまでカリーの圧倒的な個人成績とチームの勝ち星が比例していないのが現状です。

得点をクリエイトできる選手がとにかくカリーに依存しているため、ウィギンスやウーブレらがここからステップアップしなければなりません。

現在ウェスタンカンファレンス9位につけるウォリアーズですが、プレーオフ進出に向けて負けられない試合が続いています。

今後のウォリアーズに注目しながらNBAを楽しみましょう!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください