【NBA 開幕】開幕直前!各カンファレンスの順位を予想した

ついに明日、バスケットボールの世界最高の宴が幕を上げる・・・

こんにちは。

ついに明日・・・・

NBAが開幕します!!

非常に楽しみで、今シーズン75年目という節目のシーズンとなります。
オールスター前には偉大な75人の選手の発表もあるので、歴史を振り返りながらシーズンを楽しむことができるでしょう。

今シーズンこそは予想をしてみましたので、シーズンを終わる頃には復習するという意味も兼ねてここに投稿したいと思います。

本投稿では、イーストを予想してみました。

2021-22シーズン予想(イースト編)

Twitterでも投稿したのですが、今シーズンは以下のツイートのように予想しました。

ネッツ特集はこちら

【NBA 戦力分析】優勝以外は失敗、ネッツが懸ける来シーズンへの想い

バックス特集はこちら

【NBA 戦力分析】王座防衛へ、バックス連覇への道のりを考察

(個人的にMarkTonightNTRの大ファンなので、彼らと一緒に予想しています・・・)

とりあえず、上の2チームが東の首位を争う展開になることは間違いないでしょうか・・・

おそらく、3位から8位までの順位は大きく変動するくらいダンゴ状態になることが想定しているのですが、これは甲乙をつけるのは非常に難しかった・・・

やはり、自分はセルティックスファンというバイアスは正直少し入っていますが、新戦力の補強が上手くハマることができればこの順位は妥当ではないでしょうか。

ホークスは東のダークホースになる

新シーズンのホークスは、台風の目になるのではないでしょうか。

キーとなる選手に延長契約にも成功しただけでなく、昨シーズンは実績も残したことで「経験」も加わりました。

トレイ・ヤングを筆頭にジョン・コリンズ、ケヴィン・ハーターの延長契約の締結でこの布陣でのタイトル獲得は「可能」という首脳陣の判断も出来たという証明にもなります。(失敗した場合は大物選手のトレードにもできる可能性もある)

いずれにせよ、今シーズンのホークスは躍進の可能を秘めたチームになることができるのではないでしょうか。

サプライズチームは現れるのか

さて、昨シーズンのニックスのような躍進したチームは今シーズン現れるのでしょうか。

個人的な感想だと、ホーネッツはその可能性を秘めていると思います。

若手の勢いとダイナミックなスタイルは、他のチームにはない強みです。シーズン序盤で一気に勝ち星を重ねることができるのであれば、十分プレーオフ争いに絡むことができるポテンシャルを持ったチームになることができるでしょう。

ブルズも同様に今シーズン大躍進を遂げる可能性を秘めたチームになるでしょうか。

ベテランと若手をバランス良く集めたチームは、プレシーズンでは非常に期待を持つことができるチームであることを証明しました。

ロンゾ・ボール、デマー・デローザン、ザック・ラビーンのバックコートが持ち前の得点力を発揮することができればプレーオフ争いの上位に食い込むことがかのでしょう。

また、ニコラ・ブーチェビッチとパトリック・ウィリアムズのフロントラインも非常に魅力的なチームとなっているので、新シーズンのブルズは要注目です。

若い才能が溢れるイーストの勢いに注目せよ

新シーズンのイーストの全体的な注目すべき視点は、若き才能に溢れたチームが多いということです。

ホークス、セルティックス、ニックス、ホーネッツに関しては今後5年間はイースト牽引する存在になるでしょう。

時計が少しずつ80年代後半から90年代前半の強豪チームに戻りつつあり、ここは非常に注目していきたい点です。

バスケットボールのトレンドは大きく変わって来ていますが、古豪が強いとチームも盛り上がるという本質は変わることはないでしょう。

75周年を迎えるNBA、未来のNBAを牽引するチームを探してみるのも悪くはないのでは??

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください