広告

【NBA 選手紹介】ラッセル・ウェストブルックが持つバスケットへの情熱

こんばんは!KDです。

NBAが中断中ということもあり、ネタが不足中で一日中ネタ探しに明け暮れていました・・・

ということで、これを期にもっと皆さんがNBAに興味を持ってもらうために自分の一押し選手を特集していきたいと思います。

この選手を見逃すな!シリーズ①(ラッセル・ウェストブルック)

この30日間、NBAが中断ということでKD的選手紹介をしていきたいと思います。

第1段はヒューストン・ロケッツに所属するラッセル・ウェストブルックについて語りたいと思います。

NBA1の情熱家、ラッセル・ウェストブルック

NBAが好きな方はウェストブルックといえば「熱い」選手というイメージを持たれていると思います。

彼は昨シーズンまで11年間オクラホマシティ・サンダーに所属し、チーム最高のフランチャイズプレーヤーとして今後はオクラホマシティの英雄として記憶に残るでしょう。

彼のキャリアスタッツ(トータルとアベレージを算出)

  • 出場試合数:874試合出場(12シーズン目)
  • 得点:20,315点(23.2点)
  • アシスト:7,267(8.3アシスト)
  • リバウンド:6,186(7.1リバウンド)
  • トリプルダブル:146回(史上2位)

彼はポイントガードでありながらもオールラウンドにプレーできる選手です。

48分間に全てに自分の情熱を注いでいる選手は彼が一番ではないでしょうか?

ウェストブルックはドラフト4位指名で指名されたものの、当初の評価は高くはありませんでした。しかし、彼はある想いを秘めて圧倒的情熱を注いだ結果・・・

  • 9回のオールスター選出 (MVPは2回)
  • 3年連続のトリプルダブルシーズン (NBA唯一)
  • 単一シーズンで史上最多のトリプルダブル数を記録 (42回)
  • シーズンMVP受賞
  • 2度の得点王
  • 8回のオールNBAチーム選出

NBA随一の選手になりました。

では、ウェストブルックが秘めていたある想いとは何でしょうか?

Why not?の想いを秘めた決定的な出来事

その出来事は高校時代まで遡ります。

彼は後にUCLAというNCAAという大学バスケの名門でプレーすることになりますが、UCLAは当時ウェストブルックを興味を持っていたわけでなく、彼の親友のケルセイ・バスさんに興味を持っていました。バスさんは高校生でありながらも198cmの長身でありながら、才能が豊かな選手でありましたが突然の心臓発作によってこの世を去ってしまう出来事に遭遇しました。

このピックアップゲームに参加することができなかったウェストブルックはこの出来事をひどく後悔したそうです。

それからバスさんの想い共にさらに熱心に練習をすることによって、大きく成長したウェストブルックはバスさんが入学する予定だったUCLAに入学し、その後はNBAのスーパースターとしての地位に上り詰めるのです。

ロケッツに移籍後に自身の能力を最大限に発揮できる環境が整う

今夏にロケッツを移籍したことでジェームズ・ハーデンと強力タッグを組みました。それによってハーデンとウェストブルックを主体の展開で試合を進めるために、クリント・カペラをトレードし、スペーシングを広げることに成功しました。

外角のシュート力に難を抱えるウェストブルックはセンタープレーヤーにマッチアップされる機会が増えたことによって得意のペネトレイトでゴールに侵入する機会が増えたことによって彼は今シーズンキャリア最高のシュート成功率(47.1%)を記録することができました。

そして彼は今シーズンリーグ7位の27.5得点を記録し(彼のキャリアでも3番目に高いアベレージ)、リーグトップの平均得点を記録しているハーデン共に(平均得点は34点!!)リーグ屈指のワンツーパンチを形成しています。

NBA1のファッションリーダーとして君臨

ウェストブルックの見所として、ファッションも注目するべきポイントです。

彼はルイ・ヴィトンのファッションイベントに招待されるなど、業界きってのファッションモンスターです。時には個性的で斬新、時にはシックにフォーマルにと彼のファッションに対する情熱も半端なものではありません。

GQマガジンでも多くの取材を受けており、まさにファッションモデルのような活躍をしているウェストブルック。

実は彼は自身のブランドも手掛けており、プロデューサーとしての一面を持ったビジネスマンであります。

ウェストブルックをもっと知りたい方へ

ラッセル・ウェストブルックをもっと知りたい方はこの動画をご覧ください。野生味溢れるプレーは多くのファンをを虜にする要素が満載です。

フルエネルギーでプレーするウェストブルックに必見です!

 

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください