広告

【NBA コラム】すでに怪物級のスタッツ残し、底知れぬ潜在能力を持つザイオン・ウィリアムソン

こんばんは! KDです。

今日のレイカーズ対ペリカンズ戦はご覧になりましたか?

もしかするとプレーオフの前哨戦となったこの試合はレブロン・ジェームズはトリプルダブル(34点、13リバウンド、12アシスト)の活躍を見せ、プレーオフへ向けて1試合も負けることのできないペリカンズ相手に貴重な勝利を手にすることができました。

しかし、この試合ではドラフト1位指名のルーキー、ザイオン・ウィリアムソンも爆発。得点に関してはレブロンを上回る35点(キャリアハイ!!!)を記録し、勝利まであと一歩まで迫りました。

ザイオンは新人としては最長の11試合連続で20点以上を記録するなど、早くも実力を発揮しているだけなく、今後はかなりのスケールで成長する姿が容易に想像ができます。

今回の記事ではザイオンの底知れぬ今後について一緒に考察していきたいと思います!

ザイオン・ウィリアムソンが見せる無限大の可能性

ザイオンはドラフト前にはレブロンと比較されるなど、何十年に1人の逸材としてドラフトの話題を全て独占しました。

シーズンの半分を怪我によって棒に振りましたが、復帰から15試合の出場で

平均スタッツ

  • 24.8点
  • 6.8リバウンド
  • 2.1アシスト

という新人ではとんでもないスタッツを残しています。

ルーキーながらNBA最重量級の選手として君臨

ザイオンのプレースタイルといえば、圧倒的なパワーで相手を圧倒するプレーが持ち味です。

サマーリーグでは彼の唯一の試合になりましたが、ニックスのケビン・ノックスを吹き飛ばして強烈なダンクをぶちかますなど、今までのルーキー像を覆すスケールを感じさせたことはみなさんの記憶に新しいのではないでしょうか?

そして今日のレイカーズ戦もカイル・クズマ相手にパワー勝負で持ち込み豪快なダンクをお見舞いするプレーを魅せてくれました。

このようにザイオンはルーキーでありながらもすでにリーグ屈指のパワーを持った選手なのです。

圧倒的な運動能力

ザイオンを語る上で最も欠かすことができないのは身体能力をフルに活かしたワイルドなプレーでしょう。

豪快なダンクやブロックは、早くの多くのハイライトを演出しており彼のプレーを見るだけでもワクワクさせられる数少ない選手であることは疑いの余地はないでしょう。

その中でも特筆するべきポイントは運動能力だけはありません。

セカンドチャンスを生み出すことができる選手

彼が怪物たる所以である証拠の一つとしてセカンドチャンスを創出できる技術があることです。

1月26日に行われたセルティックス戦では16本のフィールドゴール試投に対して9本成功しました。

しかし、すごいところは失敗した7本のシュートのうち、6本は自分でリバウンドをとってセカンドチャンスにつなげたことです。

実際に15試合を終えた時点で彼は22個のオフェンスリバウンドを自分でリバウンドととっているというデータが残っています。彼のシュート失敗後、24%は再びザイオンの手元にボールが戻っているというデータも残っています。

4回に一回は彼の手にボールが帰ってくる。しかもゴール下で・・・

これによって多くのシュートをクリエイトし、確率の高い得点力を身につけているのです。

まさにスラムダンクの桜木花道が「自らとーーーーる!!」リバウンドをリアルで体現しているのがザイオンです。

さらに衝撃的だったのが、ウォリアーズ戦。

フリースローを外して自らリバウンド取って再びFG失敗。しかし、そこから相手のボールをもぎ取り再びエンド1と恐ろしいプレーをやってのけてしまっていました。

スポンジのように水を吸っていく吸収力

ザイオンはブレイザーズ戦でオールスター選手のカーメロ・アンソニーとのマッチアップで彼の得意技であったジャブステップに対応することができずに得点を許す場面がありました。

しかし、彼は次の試合のウォリアーズ戦でカーメロの十八番であったジャブステップを駆使して華麗に得点する場面を見入ることができました。

これほどにディフェンスの間合いをジャブステップ一つで作ってしまうザイオン・・・

カーメロの技を完全にコピーしたわけではありませんが、自分がやられたムーブをすぐに自分のムーブにすることができる。成長度合いが恐ろしく速い選手であることがわかるでしょう。

時代のバトンを受け継ぐことができる選手になることができるか

NBAはマイケル・ジョーダンからコービー・ブライアントへ

コービーからレブロン・ジェームズへ世代のバトンが受け継がれてきました。

そこでレブロンの後継者として名乗りをあげた弱冠19歳の若きカリスマがレブロンの次なるバトンをお受け継ぐことができるのか?

今後もザイオンからのプレーに目が離せません!!!

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください